本文へスキップ

特定非営利活動法人総合福祉サポートセンターはだの

〒257-0035 神奈川県秦野市本町2-7-25
(秦野市地域生活支援センター内)

                                 

基本理念CONCEPT

基本理念

法人定款第2章より〜
 この法人は、生活に特別な困難を持つ方々に対し、総合相談および権利擁護等に関する事業を通じて、自立生活を
 支援することを目的とする。
総合福祉サポートセンターはだのが大事にしていること
・キーワードは「地域生活支援」
・利用の皆様を中心にした支援体制
・他の事業所からは独立した「中立公平・公正」な立場


理事長就任のあいさつ  山口 浩  

 平成28年6月4日に開催されました当法人理事会におきまして、前理事長・香坂勇の後を継ぎ、若輩ながら理事長に就任致しました。
 理事長の職に就くにあたり、その責務の重さを痛感しております。
 当法人は障害をお持ちの方々の様々なご相談を受け、縁の下の力持ち的な存在として皆様を支えることを目的に日々活動しております。
 主な事業内容として、以下の事業を展開しています。
 (1)相談支援事業
   秦野市より相談支援事業を受託し「障害福祉なんでも相談室」を運営しています。
 (2)成年後見事業
   「法人後見」の立場で皆様の人権や生活を守ります。
 (3)防災支援事業
   いざ!…という時に備え、秦野市における防災支援体制作りをしています。
 障害者が地域で安全、安心に暮らせるよう総合的に支援することで、今後も地域にとって、なくてはならない存在となることが出来るよう、微力ながら職務に邁進し、法人だからこそ出来ることを念頭に置き、その使命を果たすべく努力する所存です。前任者同様、今後も更なるご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


相談支援事業